カーナビみ

ビル

カーナビを選ぶ時のポイントとは

カーナビは大きく分けて純正品と社外品があります。
純正品にはメーカー品とディーラー品があり、メーカー品とは車の製造段階で取り付けられるもので、ディーラー品とは車の製造後にディーラーや販売店が取り付けるものです。
カーナビを選ぶ際、最も見た目がすっきりしているのは純正のメーカー品になります。
ディーラー品や社外品も最近ではデザインが良くなっていますが、純正のメーカー品は内装にあわせて設計されているので、こちらの方が一体感は強くなっています。
カーナビとしての機能や性能を比較した場合、どちらも大差はありません。
ただし、純正品はその車専用に設計されているので、燃費情報やバックカメラとの連動など、その車特有の機能が搭載されていることが多いです。
また、純正品は保証期間が長いことが多いですし、車を売る時に査定が少しアップすることもあります。
それに対し、社外品は多種多様な選択肢がありますし、同スペックなら純正品よりも値段が安いというメリットがあります。
また、自分で取り付ければ工賃を節約することができます。